転職活動

【現役CA/GSも厳しい①】他業界へ転職を考えている人が今からすべきこと!

こんにちは!いつもご覧くださりありがとうございます(^^)♪

サクセスキャリアエアラインの菊地です!

実は先日こんな質問をTwitterで投げかけてみたんです。

現役CA・GSさんの声が知りたいです。

  • 他業界に転職を考えている(現役CA)
  • 今のまま頑張ろうと思っている(現役CA)
  • 他業界に転職を考えている(現役GS)
  • 今のまま頑張ろうと思っている(現役GS)

この質問にまさかの344名の方が回答してくださり、びっくりしました!

そして、回答は以下の結果となりました。

塾長@みか
塾長@みか
コロナの状況で今の現役の方々が何を感じているのかわかりますね。

今日は「どの回答が良い」とかではなく、この回答を選んだそれぞれの現役の方々に何かしらお役に立つ情報を発信できればと思っています。

本日のお話の内容
  1.  他業界に転職を考えている方への「転職市場」の情報提供
  2.  今のまま頑張ろうと思う方への「お金の不安を減らす」情報提供
  3.  実は知らなかった「副業の事実」教えます!

※書き進める中で長くなってしまったので、この記事では①のみ扱います

この3本立てでお話をしたいと思います!

動画解説:現役CA/GSの他業界への転職も厳しい

このブログの内容は下記の動画でも解説しています!

コロナ渦の転職市場はかなり厳しい

新型コロナウイルスの影響により、今「超売り手市場から買い手市場」に変わっているのをご存知ですか!?

コロナ以前は企業の採用熱が高かったので、転職希望者には圧倒的に有利な時期でした。

でも今は完全に冷え切っています。

ちなみに、厚生労働省が発表している2020年6月の有効求人倍率では、1.11倍。

2018年〜2019年の時は約1.6倍であったことからも、減少傾向がわかります。

「有効求人倍率」とは一人あたり何件の求人があるかを示すもの

2018年〜2019年は求職者1000人に対して求人数は1600件、なのでエントリーした際に書類の段階で厳しいという感覚になった方は少ないはずです。

塾長@みか
塾長@みか
ちなみに航空業界への転職は「人気業界」なので、もともと倍率が高く厳しい業界でもあります。なので、ここではエアライン以外の他業界を考えてください。

でも、2020年は求職者1000人に対して求人数が1100件なので、書類の段階で敗退する確率が高い状況です。

  • 「有効求人倍率」はハローワークで集計している数字なので、実際に転職サイトなどの数字は含まれていない
  • 「有効求人倍率」は正社員の求人の数字だけではない


図:朝日新聞デジタル

この図からも分かる通り求人数の減少は止まることを知らず、ここまでの下げ幅は実に1974年1月以来、46年4ヶ月ぶりだそうです。

転職したくても自分を買ってもらえない状況が、今の世の中の状態です。

転職するなら「自分の市場価値」を知っておくべき理由

今までは年功序列・終身雇用の時代だったのですが、このコロナによって崩壊し始め、今では崩壊が加速する動きが出ています。

塾長@みか
塾長@みか
特に名だたる企業で!

その背景には大手企業の相次ぐ過去最大の赤字決算により、企業を存続させるのに精一杯で、むしろ外資では大量のリストラが行われていて、日本でも失業者の数は毎月増え続けています。

この状況下の中で、自分を他業界へ売り込もうと思っても買ってもらえないのは目に見えていて、それで「採用されなかった」と嘆くのは無駄な涙にしかなりません。

もともと今は自分を売るタイミングではないのです。

自分を売るタイミングを間違えればもちろん買ってもらえないわけですから、この状況下で嘆くのは見当違いであり、むしろこの状況下で転職するのであれば「当たり前だよね〜」くらいの気持ちで転職して欲しいのです。

では、どのタイミングで希望する他業界にアプローチすれば良いのか?

そのためには、売れるトレンドを把握することは何よりも大事で、その際に味方につけておきたいのが転職エージェントです。

 

塾長@みか
塾長@みか
そもそも自分の市場価値把握してますか?

航空業界を目指してきた方には縁遠い話に聞こえるかもしれませんが、自分の市場価値を把握していれば、コロナ後の転職で今よりも2倍のお給料を受け取れる会社に転職することも可能です。

自分の市場価値を知る上では、例えば、以下のような項目を転職サイトに登録します。

  •  現在の年収
  •  スキル
  •  勤務地
塾長@みか
塾長@みか
間違っても転職サイトではなく、転職エージェント!ですからね!

 

このデータを元にエージェントの方と面談などを通して仕事を紹介されていくのですが、自分の今の年収で、今の持っているスキルで、この勤務地だったら自分はどれほどの市場価値なのかということを知ることができます。

ここではエアライン志願者のような「この業界がいい」という仕事の選び方は除かれます。

ここで知った市場価値を通して転職案件をエージェントが提示してくれますが、今はこのご時世なので何せ案件が少ないです。

だからこそ、自分の市場価値を知って予想外だった人は、エージェントとの定期的な面談の間に価値を高める行動をしておきましょう

すぐに転職する必要はない(そもそも今は難しい)ので、複数の転職エージェントに登録しておくだけでも意味はあると思いますし、自分を売るタイミングを間違えることなく転職することが可能になります。

おすすめの転職サイト



実際に転職をしなくても、「市場価値」を知ることは今後自分の舵を切りたい時に、とても役に立つ指標です。

登録だけでもして、虎視淡々と今後の転職するタイミングを見計らって行動していきましょう!

塾長@みか
塾長@みか
他にも私がこのコロナの期間に読んで良かったオススメの本を紹介します!

まとめ:転職は難しくても誰しも「市場価値」は知るべき

いかがでしたでしょうか?

私もCAやGSを目指していた身として、他業界に転職することは考えたこともなかったです。

でも実際に転職するとなると「CAという仕事は他の何に活かすことができるのか?」と不安になる方も多いです。

実際にその考えが強いからこそ「同じサービス業の職種縛り」で選んだり「秘書”しかない”」「受付”しかない”」という閉鎖的思考に陥る方も少なくありません。

でも、もしももっと活躍できてお給料がアップしたら、嬉しくありませんか

もちろん市場価値を知ることは、場合によって「想像よりも悪い結果」も起こりうるでしょう。

それでも市場価値を知ることは「今から何をするべきか」の対策にも繋がります

 

知らないことは損!

行動しないで家で悩むのはもっと時間の無駄です。

現役のCA・GSさんも自宅での時間が多い今だからこそ、できる行動を起こしていきましょう!

 

次回は、「今の会社のまま頑張ろうと思ってる」と選択してくださった方を対象にした「お金の不安を減らす」情報提供をしていきますね!

 

塾長@みか
塾長@みか
今日も最後までご覧くださり、ありがとうございました!

 

22新卒対象:就活スタートアップ企画

2020年8月と9月の2ヶ月間限定の企画です。

  • 公式LINE上で60分間の就活相談。
  • 8月・9月それぞれ先着20名様まで。
  • エアライン以外の一般企業の相談も可能。

<ご希望される場合>
公式LINEをご登録後、直接メッセージに「22新卒就活スタートアップ企画希望」とご記入し、以下の情報も一緒にお送りください。

  • お名前(フリガナもご記入ください)
  • ご年齢
  • 在籍学校名
  • ご希望の日時の候補3つ
  • 相談したい内容

メッセージを受け取り後、日程調整次第こちらから返信がありますまでお待ちください。

ABOUT ME
塾長@みか
元CA&GS。新卒で全滅敗退→内定ゼロ→卒業後ニート→外資系GS→日系GS→CA内定→エアラインスクール起業5年目!2019年内定者多数!既卒JAL・ANA21名★新卒JAL・ANA29名★