Q&A

大打撃の航空業界でもCAになる為にモチベーションが上げるコツ

こんにちは!感謝してます♪

順調に毎朝7時にYouTubeに動画投稿を続けているSCAの菊地です!

塾長@みか
塾長@みか
だんだんこの早朝投稿にも慣れてきたよ♪

 

今日はこれから受験を控えている、大学2年生の方からいただいたご質問にお答えしたいと思います!

大学2年生
大学2年生
菊地先生、突然のDM失礼いたします。
航空業界への就職を目指す名古屋の大学2年生です。

私は幼い頃から客室乗務員に憧れを抱き目標として過ごしてきました。ですがコロナウイルス感染拡大を受けて、今までの生活が一変し、留学が無くなったり先が見えない今は、航空業界への就職の夢が既に破れてしまった気持ちで何を頑張ったらいいのか分かりません

勉強してきた資格の受験などが中止になるたびに、それでも前に進むしかないと自分なりに計画を立て直し、気持ちを切り替えてきましたが、今はそれが出来なくなっています。

明日から大学のオンライン授業が始まりますし、目の前の事に一生懸命取り組むしかないとは思うのですが、もし何かうまく気持ちを持ち直す考え方など有りましたら、アドバイス頂けますか?

これから受験される22新卒・23新卒の方々も、「自分の就活はどうなるのだろうか?」と考え込んでしまいますよね。

実際に毎年あったインターンシップも多くが取りやめになっています。

塾長@みか
塾長@みか
今後、航空業界を目指したいと考えている学生さん達はどう気持ちの整理をして対策をしたらいいのか、具体的な対策案を提示しながら今日も解説したいと思います。

それでは今日も張り切って参りましょう!

 

動画解説:モチベーションを上げるコツ

このブログの内容は下記の動画でも解説しています!

気持ちと裏腹にモチベーションが上がらない理由

今回の質問者さんの心境としては、CAを目指す中で留学が無くなったり、就活の為に取得しようとしていたTOEICが中止になったりと、「目標に向けて取り組んでいた計画が全て水の泡になった」ことが一番ショックであり、それによってやる気が削がれてしまった状態に陥っているのかなと感じました。

幼少期からCAを目指していた訳ですから、おそらく叶える為にも逆算して行動をされていたし、計画通りに物事を進めていたんじゃないかなと思います。

 

それがこのコロナで全て「無」になってしまった。

それによりどんなに頭では「気持ちを前に進めなくては」と分かっていても、心が追いつかない状況にあるように感じました。

塾長@みか
塾長@みか
同じ立場だったら、おそらく私も自分の未来が崩れていくような感覚になると思います。

究極、努力は無駄だったんじゃないかと自己嫌悪になってもおかしくないと思います。

 

その中で、前を向いて頑張ることの大切さはわかっているから気持ちを切り替えたい!なのに気持ちがついてこない。どうしてモチベーションが上がらないのか?

 

その理由は「自分を褒めてないから」だと私は感じます。

モチベーションを上げる為にすべき事はたった1つ!

なぜ「モチベーション」「自分を褒めること」が関係しているのか?

これはあくまでも私の見解で申し訳ないのですが、そもそもCA/GSになる為に幼い頃から頑張っている方って、めちゃくちゃ努力家だったり、頑張り屋さんだったりします。

塾長@みか
塾長@みか
CAになる為に「これをして、あれをして、これも頑張らないと!もっと努力しないと私はなれない!」そう思って自分を鼓舞している受験生がこの業界には多い。 

それはそれでとても素敵な事です。

でも、ここで一度考えて欲しいのですが、目標に向けて努力している自分を褒めた事ってありますか?

 

昔から目指しているからこそ長期的に努力されている中で、その自分を褒めた事ってありますか?

きっとおそらくは「NO」だと思います。

受験生
受験生
夢が叶ってもいないのに褒められるわけがない

と思うかもしれませんが、そもそも努力している過程を褒めることは悪くないですよね。

でもその過程を褒められないのは、「まだまだ上がいる」「まだまだ努力しないとダメだ」などと、『まだまだ自分は頑張らないといけない』という考えが強くあるからこそ、褒められないのだと思います。

過程を褒めるよりかは、結果が出てこそ褒められるという考えではないでしょうか。

 

でも、それは自分を試す試験や留学などのイベントが予定通り開催される場合には良いと思います。

しかし今回のように、努力してきた自分を試す場が中止になった場合には、自分の努力を測れる場所がない為に、自分の評価を形にすることができずに報われない気持ちが芽生えてしまい、それが重なることでより頑張る意味がわからなくなる=気持ちが削がれる状態になるのではないでしょうか?

結果、モチベーションが上がらない状態になってしまう。

 

この時にして欲しいのが、自分を褒めること。

 

特に、試験が相次いで中止になったけれども質問者さんのように今一度奮起したい場合には、一度立ち止まって自分の過去の努力を自分がちゃんと評価してあげること!

塾長@みか
塾長@みか
それにより、まずは自分の心が満たされると思います。

 

冒頭の方でもお伝えしましたが、どんなに頭では「気持ちを前に進めなくては」と分かっていても、心が追いつかない状況とは、心が満たされていない為に自分自身を前に進めることができないのではないかなと思います。

 

今まで自分の心の声よりも、目標の為に計画立てて頭で頑張って行動してきた分、心が「もうこれ以上精神的に無理」と苦しがっている状態にあるのかなと感じます。

 

だからこそ、一度ここで「よく頑張ってきたよね」と自分を褒めて心を満たしてあげてください。自分を褒めることで自分を承認してあげてください。

塾長@みか
塾長@みか
心が満たされてこそ、次に向けてまた動き出せますよ!

 

努力を無駄にしない為にすべきこと!

それでもCA/GSに向けて頑張りたい方には、是非とも捉え方を変えて努力を違った形で結果に残すことをお勧めします。

塾長@みか
塾長@みか
そもそもどうして留学したいの?

 

今までカウンセリングなどで上記の質問をした際に、返ってくる答えは以下の内容が多いです。

  • TOEICの点数を上げたいから
  • 英会話を伸ばしたいから
  • 内定されている方々も留学してたから
  • 価値観を広げることができるから

では、上記の内容は本当に留学でしかできないのでしょうか?

そんなことはないですよね?

 

となると、留学というものに対して期待していたものを、何か他の機会で手に入れることはできないかと代替案を考える事も1つの考え方と思います。

TOEICの試験の中止においては代替案を出すというよりも、試験を受ける期間が先延ばしになった分、より高得点を目指して頑張ろうと思えたら良いなと思います。

 

塾長@みか
塾長@みか
何にせよ、やっぱり考え方・捉え方が大事。

 

心のガソリンを満タンにする!

本日の内容は私の考えや、過去の内定者にもアドバイスしてきた内容でもありましたが、いかがでしたでしょうか?

  • 心を満たしてあげること
  • 努力を他の形で表せないか代替案を考えること

22新卒や23新卒の方でも今回のコロナの影響を受けて、「自分たちの就活も難しいかも」「もしかしたら採用がないかも」と既に嘆いている方もいらしゃるかもしれません。

そうなると募集が出るまで長期戦になることは間違いありません。

 

その時に、例え話として耳にしたことのある「車にガソリンがないと走れないように、心に栄養がないと走り続けることはできない」という言葉は、今後頑張り続ける上で大事な言葉だなと思いました。

あなたは自分の心に栄養をあげてますか?

それは食べ物とかではなく、自分の心を満たすための言葉。

「自分、よく頑張ってるね!」

「ここまでやって偉い!」

頑張り屋さんな人ほど自分を褒めないので、是非とも小さな事柄から褒めることを習慣にしてくださいね♪

塾長@みか
塾長@みか
今日もご覧くださり、ありがとうございました!

 

ABOUT ME
塾長@みか
元CA&GS。新卒で全滅敗退→内定ゼロ→卒業後ニート→外資系GS→日系GS→CA内定→エアラインスクール起業5年目!2019年内定者多数!既卒JAL・ANA21名★新卒JAL・ANA29名★